沖縄そばファン必見! ユニークでおいしい人気の沖縄そば10選

Reading Material

おすすめ

初回投稿日:2023.09.20
 最終更新日:2024.05.27

沖縄そばファン必見! ユニークでおいしい人気の沖縄そば10選

沖縄料理の定番“沖縄そば”は、小麦粉を使った麺に、かつお節や豚骨を使ったスープ、豚肉が乗せられているのが一般的ですが、最近は斬新な沖縄そばが食べられるお店も増えてきています。海鮮たっぷりの海人そばにカレーそば。ゆし豆腐、アーサ、もずくなどの沖縄食材を乗せたそばも絶品! そんなユニークでおいしい沖縄そばをご紹介します。

1.【読谷村】海の幸がたっぷりの海人(うみんちゅ)そば「花織そば」

 

海人(うみんちゅ)そば

読谷村(よみたんそん)の「花織そば(はなういそば)」は、観光客のみならず、地元ファンからも絶大に支持される超有名店。こちらの看板メニューは沖縄そばの王道を感じさせる定番の麺に軟骨ソーキ&三枚肉が乗った「花織そば」ですが、実は海の幸が入った「海人(うみんちゅ)そば」も外せない人気のメニュー。

海人(うみんちゅ)そば

モヤシ、キャベツ、ニンジン、タマネギ、そして豚肉にカマボコと、てんこ盛りな野菜炒めの中に、イカやエビ、ムール貝にアサリ、ホタテなど新鮮な海の幸がたっぷり!スープは、とんこつベースに、凝縮された魚介の旨味がブレンドされ、さらに贅沢な風合いに。アーサが全体のバランスを取り、沖縄美ら海の香りをしっかり感じられます。看板メニューを押しのける人気というのも頷けますね。

関連する記事

花織そば

住所 /
沖縄県中頭郡読谷村波平2418-1
電話 /
098-958-4479

2.【那覇市】新感覚の沖縄そば屋「Okinawa Soba EIBUN」

 

特製ジュレだれぶっかけまぜそば

やちむん(焼きもの)の発祥地として知られ、昔ながらの風情が残る那覇市壺屋(つぼや)にあるのが、新感覚の沖縄そば屋「Okinawa Soba EIBUN」。メニューには、「牛もやしそば」、「特製ジュレダレぶっかけまぜそば」など、ふだん沖縄そば屋で見かけないメニューがずらり。トッピングにもパクチーが!

特製ジュレだれぶっかけまぜそば

こちらは冷やしの沖縄そば「特製ジュレだれぶっかけまぜそば」。麺は特注の生麺とモズク麺、イカスミ麺、フーチバー(よもぎ)麺の4種類から選べます。コロコロのお肉にキラキラ輝くジュレとフーチバーの葉がどっさり。ジュレが麺によく絡み、しっかりと出汁の味を堪能できます。かつお節やお肉からほんのり出る甘みとフーチバーの苦みとのコンビも絶妙。じゅーしー(炊きこみごはん)も付いたボリューム満点のセットもおすすめです。

関連する記事

Okinawa Soba EIBUN

住所 /
沖縄県那覇市壺屋1-5-14
電話 /
098-914-3882
HP /
https://sobaeibun.okinawa/
facebook/https://www.facebook.com/sobaeibun/

3.【読谷村】中華とコラボの坦々そばは芸術的な一杯「金月そば」

 

読谷村にある「金月そば(きんちちそば)」

読谷村にある「金月そば(きんちちそば)」を営む金城太生郎(たきろう)さんは、とってもチャレンジャー。今までにない新しい沖縄そばを、次々メニューに登場させています。実家が農家だったこともあり、「地粉麺香り鰹そば」や「そら豆味噌野菜そば」は、地元の小麦粉やそら豆を使用して地産地消にこだわっています。

「坦々そば」

ここで食べてもらいたいのは「坦々そば」。運ばれてきてから仕上げにラー油を落とし、まるでフレンチのような芸術的な一杯となります。とろみのある白ごまスープは、細目だけどしっかりコシのある麺にからまります。中華とコラボした沖縄そばの新しい魅力を味わってください。

関連する記事

金月そば

住所 /
沖縄県読谷村喜名201
電話 /
098-958-5896
HP /
https://kintiti.ti-da.net
https://kintitisoba.com/

4.【北中城村】黄金スープのふわふわゆし豆腐そば「ゆたかやそば」

 

沖縄県北中城村(きたなかぐすくそん)にある「ゆたかやそば」

沖縄県北中城村(きたなかぐすくそん)にある「ゆたかやそば」は、沖縄に育つ木材を使っている古民家の建物で、ちゃーぎー(イヌマキ)の柱に、釜戸の煙で燻され黒く色づいた梁が美しいお店です。こちらでいただけるのは、麺とスープのバランスが絶妙な定番の沖縄そばですが、素朴な味わいのゆし豆腐を沖縄そばに乗せた「ゆし豆腐そば」も人気です。

「ゆし豆腐そば」

「ゆし豆腐そば」は、沖縄以外ではあまり見かけませんが、県内では比較的定番のメニューです。ふわふわのゆし豆腐が乗ったそばは、子どもからお年寄りまで食べやすいヘルシーな一杯。ちょっぴり刺激が欲しい大人の人は、「ゆたかやそば」の自家製こーれぐーすを入れてピり辛にして食べてくださいね。

関連する記事

ゆたかやそば

住所 /
沖縄県北中城村美崎75
電話 /
098-935-4188

5.【名護市】裏の畑で採れた食材で作る野菜そば「むかしむかし」

 

名護市中山にある沖縄そばの老舗「むかしむかし」

名護市中山にある沖縄そばの老舗「むかしむかし」は、小麦粉、野菜、山菜と、食材のほとんどを裏の畑で収穫しています。麺も裏山の草木を切り出し燃やして作った「天然かん水」を使用して作る伝統的な「木灰麺」。“地産地消”ならぬ“自産自消”のお店です。

「野菜そば」

こちらのイチオシメニューは、収穫したばかりの新鮮野菜がてんこ盛りの「野菜そば」。パパイヤ、ゴーヤー、赤カブ、フーチバー(よもぎ)、サニーレタス、シマナー(カラシナ)、ニンジン、小松菜、チンゲンサイ…。野菜の下には三枚肉のソーキも乗っているので、おいしいだけじゃなく栄養面でも完ぺきな沖縄そばです。

関連する記事

むかしむかし

住所 /
沖縄県名護市中山694-1
電話 /
0980-54-4605

6.【八重瀬町】磯の香りが広がるアーサそば「屋宜家(やぎや)」

 

「アーサそば」

南部の観光スポット、おきなわワールドや平和祈念公園まで10分足らず。世界遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)まで約30分の場所にある八重瀬町(やえせちょう)の「屋宜家(やぎや)」。伝統的な琉球建築の民家をそのまま店にした建物は、国の登録有形文化財に指定されています。こちらの人気メニューは、「アーサそば」。

「アーサそば」

沖縄の味噌汁やお吸い物でよく使われる海藻・アーサ(あおさ)を使ったもので、アーサが練り込まれた麺の上に、さらにアーサがたっぷりトッピングされています。麺を持ち上げると、アーサがからみつき、口に運ぶたびに磯の香りが広がります。甘辛く煮込んでひと晩おいた三枚肉とシャキシャキと小気味よい音をたてる青ねぎがアクセント。ほかに、ゆし豆腐をトッピングしたゆし豆腐アーサそばも。アーサとの相性が抜群でヘルシーな一品です。

関連する記事

屋宜家(やぎや)

住所 /
沖縄県八重瀬町大頓1172
電話 /
098-998-2774
HP /
http://www.ne.jp/asahi/to/yagiya/index.html

7.【南城市】新鮮もずくを使ったもずくそば「くんなとぅ」

 

もずくそば

沖縄南部に位置する奥武島(おうじま)にある「くんなとぅ」では、新鮮もずくを使用した沖縄そばをいただけます。もずくを練り込んだもずく麺に、付け合わせやトッピングにも生もずくや酢もずくがついてくるという、もずく尽くしのメニューです。フコイダンやミネラルが含まれるもずくは、食物繊維が豊富で美容に良いとされているので、美容に興味がある方にもおすすめ。

もずく

付け合せの生もずくは、もずく本来のおいしさを味わえます。店内では、生もずくや乾燥もずく、もずく麺など、奥武島で採れたもずくを使用したもずくのお土産も購入できます。「もずくゼリー」は、シークワーサーの風味が爽やかで美味しいですよ。海風を浴びながら、美味しい沖縄そばやもずくを食べ、沖縄の海の恵みを満喫してくださいね!

関連する記事

くんなとぅ

住所 /
沖縄県南城市玉城字志堅原460-2
電話 /
098-949-1066

8.【浦添市】山原地鶏をじっくりと煮込んだ出汁が決め手「鶏そば屋いしぐふー」

 

鶏そば

県内に6店舗ある人気の沖縄そば店「いしふぐー」。なかでも浦添(うらそえ)市の港川にあるお店は、沖縄唯一の「やんばる地鶏」を使った鶏そば屋さん。本島北部の山原(やんばる)地方で育った山原地鶏をじっくりと煮込んで作った出汁が特徴的です。

鶏そば屋いしぐふーの店内

スープはあっさりとした中に、しっかりとこくがあり、舌をほどよく刺激する塩気が後を引きます。自家製のしっかりとしたコシと、もちもちとした食感のある麺は、スープとの相性も抜群。お店ごとにアグー(沖縄の豚の品種)だし、カツオだしなど出汁やメニューに個性があるので、お気に入りの一軒を見つけてみてくださいね。いしぐふーの沖縄そばは、うつわもユニークですよ。

関連する記事

鶏そば屋いしぐふー

住所 /
沖縄県浦添市港川2-13-6 カンサスストリート40番
電話 /
098-879-7517
HP /
https://www.ishigufu.jp

9.【北谷町】クセになる味わいのカレーそば「一本松」

 

北谷町(ちゃたんちょう)にある「一本松」の厨房

北谷町(ちゃたんちょう)にある「一本松」は、生麺を使用したもちもち食感の沖縄そばが人気のお店ですが、ユニークな変わり種沖縄そばのメニューが多いのが特徴。定番ものからタコスミートが乗ったタコスそばや麻婆豆腐そば、イカスミそばなどバラエティー豊かで、中でも人気があるのがカレーうどんならぬ「カレーそば」です。

「カレーそば」

さらりとしたカレーベースのスープがもちもち麺に絡み、炒めた玉葱の甘さと豚肉がカレーベースのスープとあいまって、クセになる味わい。お店の常連さんが発案したという、唐辛子とニンニクをブレンドした調味料「あつおちゃん」をパラリとかけると、さらにおいしさアップ!

関連する記事

一本松

住所 /
沖縄県北谷町字桑江586-13
電話 /
098-936-3020

10.【久米島】シャキシャキもやしがたっぷり!「そば処 やん小~」

 

「そば処 やん小~」

那覇から飛行機で約35分、フェリーで約3時間~3時間30分で行ける離島の久米島(くめじま)。この島で人気の沖縄そば屋が「そば処 やん小~(やんぐわ~)」。古き良き琉球の畳敷きの店内はとても風情があります。看板メニューは、久米島の湧水で育った惣慶(そけい)もやしがたっぷり乗った「味噌もやしそば」。

「味噌もやしそば」

県内産鶏と豚骨、カツオや昆布をベースとした濃厚かつ旨味が凝縮されたスープは、久米島産味噌(無添加・低塩の「たいら味噌」)味。島生姜の隠し味が香りと風味を引き立て見た目以上にさっぱり。島の湧き水で作られている、無農薬の惣慶(そけい)もやしのシャキシャキした食感とほのかな甘味、海洋深層水で作った太麺のもちもちした食感のハーモニーがたまりません!

関連する記事

そば処 やん小~

住所 /
沖縄県久米島町字仲泊509
電話 /
080-3226-3130
ユニークでおいしい人気の沖縄そば10選、いかがでしたか? 最近は沖縄県外でも沖縄そばを食べられるお店が増えていますが、今回ご紹介した変わり種のユニークな沖縄そばは沖縄に行かなければ食べられません。昔ながらの伝統の沖縄そばもいいですが、たまには少し冒険して、ちょっと変わった沖縄そばを食べてみませんか?沖縄そばの新しい魅力と出会えますよ。

※それぞれのスポットの情報は取材当時のものです。
 最新の情報につきましては、公式サイト等でご確認ください。

沖縄CLIP編集部

同じカテゴリーの記事