自然豊かな本部町!1泊2日の旅プラン

Reading Material

おすすめ

初回投稿日:2016.03.01
 最終更新日:2024.07.08

自然豊かな本部町!1泊2日の旅プラン クリップする

沖縄本島北部に位置する本部町(もとぶちょう)は、那覇空港から車で約2時間の山々や森林に囲まれた緑豊かなまちです。定番の観光地、沖縄美ら海水族館にフォトスポットとして人気のフクギ並木といった名所をはじめ、その他周辺の観光地やグルメスポットを1泊2日の旅プランとしてご紹介します。

《昼ごはん》伊豆味そば(いずみそば)

伊豆味そば

お昼ごはんには、古民家でいただく 「伊豆味そば」がおすすめです。メニューは、本ソーキと三枚肉がどちらもいただける「伊豆味そば」に、旨味たっぷりの本ソーキがのせられた「ソーキそば」、沖縄そばの定番、三枚肉がのせられた「三枚肉そば」など、どれも食べ応えがあります。芳醇な鰹出汁の風味と自家製のちぢれ麺でお腹が満たされますよ。

関連する記事

伊豆味そば

住所 /
沖縄県国頭郡本部町伊豆味1480
TEL /
0980-47-7847
営業時間 /
11:00〜15:00(売り切れ次第終了)
定休日 /
土曜・日曜・祝日
駐車場 /
有り
Instagram /
https://www.instagram.com/izumisoba/

《観光》沖縄美ら海水族館

美ら海水族館

沖縄美ら海水族館は、ジンベイザメや熱帯魚、サンゴなど約710種12,000点の生き物たちに出会える定番の観光スポットです。全長約8mのジンベエザメ、悠々と泳ぐナンヨウマンタ、浅瀬に住む小さな海洋生物などを一度に楽しめることができます。オキゴンドウやミナミバンドウイルカたちが楽しいショーを繰り広げる「オキちゃん劇場」もお子さんに人気です。是非足を運んでみてください。

関連する記事

沖縄美ら海水族館(国営沖縄記念公園 海洋博公園)

住所 /
沖縄県国頭郡本部町字石川424番地(海洋博公園内)
電話 /
0980-48-3748
FAX /
0980-48-4444
Webサイト /
https://churaumi.okinawa/

《観光》海洋文化館

海洋文化館

美ら海水族館がある海洋博公園の敷地内には、太平洋地域における海洋民族の歴史や文化を学べる「海洋文化館」があります。今なお継承されている航海術や造船技術、オセアニアの海洋文化や沖縄の漁労生活などをダイナミックな映像と模型、展示資料から知ることができる施設です。プラネタリウムホールもあり、季節で変わる沖縄の星空を民話と一緒に楽しめるなど、ロマンチックな気分に浸れるスポットです。

関連する記事

海洋博公園 海洋文化館

住所 /
沖縄県国頭郡本部町石川424番地
TEL /
0980-48-2741
営業時間 /
10月〜2月 8:30~17:30、3月〜9月 8:30~19:00
休館日 /
ホームページをご確認ください。
Webサイト /
https://oki-park.jp/kaiyohaku/

《観光》備瀬のフクギ並木

備瀬のフクギ並木

海洋博公園から車で5分ほどの場所にある「備瀬のフクギ並木」は、防風林として家を取り囲むように植えられたフクギが連なる1kmの並木道です。真っ直ぐ続く緑のトンネルは、まるで絵本の世界に飛び込んだような景色で、何枚も写真を撮りたくなります。水牛車に乗りながら現地の人に案内してもらえるサービスもあるので、昔のうちなーんちゅ(沖縄の人)気分に浸る事が出来ますよ。

関連する記事

備瀬のフクギ並木

Webサイト /
もとぶ町観光協会ホームページ
https://www.motobu-ka.com/tourist_info/tourist_info-post-687/

《海水浴》備瀬崎海岸(びせざきかいがん)

備瀬崎海岸

緑のトンネルを思わせる備瀬のフクギ並木をぐーっとくぐり抜けた先に、大きく視界が開ける穴場の海があります。「備瀬崎海岸」は、遠くに伊江島(いえじま)が見えるシュノーケリングを楽しめる浜。満潮時は岩場が隠れるこの海岸も、干潮時には潮が引き、底がすけて見えるほどの浅瀬になります。南国ならではの色とりどりの魚がいっぱいで、潮だまりには小魚がいたりカニがいたり。監視員がいないので、ケガをしないようにマリンシューズやライフジャケットの装着し、自己責任のもとで注意しながら海水浴を楽しんでください。

関連する記事

備瀬崎海岸

住所 /
沖縄県国頭郡本部町字備瀬
TEL /
0980-47-2700(本部町商工観光課)
備考 /
駐車場、シャワー、トイレあり

《夕食》fuu cafe(フウカフェ)

fuu cafe(フゥカフェ)

本部町瀬底島(せそこじま)にある「fuu cafe」は、南国の木々に囲まれたくつろぎ度満点の場所。ランチタイムには、日替わりプレートや海ぶどう丼などが人気のカフェですが、夜はBar&Grillとして、やんばる産の食材をふんだんに使ったピザ、パスタ、ステーキなど、ワインやビールに合う料理を楽しめます。

関連する記事

fuu cafe(フウ カフェ)

住所 /
沖縄県本部町瀬底557
TEL /
0980-47-4885
営業時間 /
11:00-14:30(l.o.)※予約不可
18:00-20:00(l.o.)※予約不可
定休日 /
水曜・木曜日

《朝の目覚めに》アセローラフレッシュ

アセローラフレッシュ

朝の目覚めにおすすめめしたいのがアセローラジュースのドリンクです。アセローラの直営店、アセローラフレッシュ パーラーでは、ビタミン豊富なジュースやフローズンを飲むことができます。沖縄県北部の本部町はアセローラの一大産地として有名。1粒にレモン約5個分のビタミンCが含まれているスーパーフルーツ・アセローラで1日のエネルギーをチャージしましょう。

関連する記事

アセローラフレッシュ パーラー

住所 /
沖縄県国頭郡本部町並里52-2
TEL /
0980-47-2505
営業時間 /
9:00~17:00
定休日 /
木曜日
P /
あり

《おやつ》Himbeere(ヒムベーレ)菓子店

Himbeere

Himbeere菓子店は、ドイツやオーストリアの伝統菓子を中心に、沖縄の旬の食材を使った親しみやすい焼菓子を手作りしているお菓子屋さんです。看板商品のザッハトルテは、どっしりした存在感と艶のある光沢、オリジナルのアンズジャムをチョコレート生地でサンドした大人のための甘いスイーツ。本部町の特産品タンカンを使った”タンカンとクランベリーとクリームチーズのケーキ”や”ショコラとチェリーのケーキ”、”フランボワーズとクリームチーズのクグロフ”など、ちょっとしたギフトにもぴったりです。

関連する記事

Himbeere菓子店

住所 /
沖縄県本部町伊豆味3268
TEL /
0980-47-5500
営業時間 /
10:00~17:00(無くなり次第終了)
定休日 /
不定休
Webサイト /
https://www.himbeere.shop/
Instagram /
https://www.instagram.com/himbeere_2017/

《お土産》島しまかいしゃ

島しまかいしゃ

島しまかいしゃは、「もとぶ町営市場」内にある雑貨屋さんです。ヤンバルクイナにヒージャー(やぎ)、沖縄をイメージする素材をモチーフにしたなんともゆるいワッペンが店内に並んでいます。洋服や鞄など、どこにつけてもかわいらしいどこかやわらかな佇まいは、ひとつひとつ手作りなのでそれぞれ表情が違います。沖縄のお土産にぜひ。

島しまかいしゃ

 

関連する記事

島しまかいしゃ

住所 /
沖縄県本部町渡久地4本部町営市場内
TEL /
090-3794-8267
Webサイト /
https://simasimakaisha.com/
沖縄美ら海水族館を目当てに本部町を訪れる方も多いと思いますが、他にも楽しめるスポットや地元の味を味わえる場所があります。本島北部を観光する際に、ぜひ参考にしてみてください。
 
※それぞれのスポットの情報は取材当時のものです。
 最新の情報につきましては、公式サイト等でご確認ください。

沖縄CLIP編集部

同じカテゴリーの記事