沖縄のおいしい海の幸が味わえる国頭(くにがみ)港食堂

Reading Material

食べる

初回投稿日:2024.06.06
 最終更新日:2024.06.04

沖縄のおいしい海の幸が味わえる国頭(くにがみ)港食堂

沖縄県国頭郡国頭村(くにがみそん)浜にある「国頭港食堂」には、県民をはじめ、「おいしい沖縄の魚」を求めて国内外から多くの人々が足繁く通う、やんばるで大人気の食堂です。

新鮮獲れたて! 海人(うみんちゅ)が腕を振るう、沖縄の新鮮な魚料理

国頭港食堂 看板

奥深い森が広がる「やんばる」の入り口に、国頭港食堂はあります。国頭出身で、かつて海人(うみんちゅ)だった大将こと大嶺仁(おおみねひとし)さんが、持前の目利きを生かして、沖縄近海で採れた魚を中心に腕を振るうお店です。

カラフルな壁画

店内に入るとまず目に入るのが、カラフルな壁画。大将の妻・はなえさんが大好きな沖縄のアーティスト「SAVA」さんに描いてもらいました。やんばるの山から流れる川の情景、そこから海へ繋がり、すべてがつながっている「循環」をテーマに、やんばるの大自然の風景や、かつて漁師だった大将の思い入れのある漁船、海の幸がたくさん散りばめられています。

カラフルな旬の魚

カウンターには大将が選んだ、沖縄らしいカラフルな旬の魚たちが並びます。刺身にしたり、フライや煮付けにしたり、バター焼きにしたり。魚が一番おいしくいただける調理方法で腕をふるいます(※天候や水揚げの影響で県産以外の魚も使用します)。

迷ったらコレ!人気ナンバーワン「刺身盛りと地魚のフライセット」

刺身盛りと地魚のフライセット

国頭港食堂のメニューには「お刺身」「地魚のフライ」「天ぷら」「バター焼き」「あら煮つけ」「ミーバイ汁」など、魚を中心としたメニューがずらり。沖縄らしさをもとめるなら、刺身とセットになった「ソーキ」や「てびち」の煮付けや「塩軟骨ソーキそば」もオススメ。
 
多彩なメニューに迷ったら、まずは人気ナンバーワンメニュー「刺身盛りと地魚のフライセット」を頼んでみてはいかがでしょう。

お刺身

今回のお刺身は全て沖縄近海で採れた「マグロ」「ミーバイ」「島ダコ」「カツオ」「シチューマチ(アオダイ)」の5種。沖縄の海で獲れたマグロやカツオの鮮やかな赤身は目でも楽しめ、料理の美しさを引き立てます。また、赤身ならではの濃厚な味わいがたまりません。沖縄の島ダコは凝縮された旨味と弾力のある独特の歯ごたえが特徴で、個人的にオススメ度が高いお刺身です。日によって揚がる魚が違うので、ここでいただくお刺身定食はいつだって一期一会。
 
地魚のフライは、揚げたてサクサクな食感が楽しい一品。手作りのタルタルとあわせて歯ごたえたっぷりの魚を楽しんで。

笑顔があふれる国頭港食堂のおもてなし

大嶺仁さん

大将の大嶺仁さんは、妻のはなえさんとご両親を中心に笑顔あふれるスタッフたちと食堂を営んでいます。仁さんの作るおいしい魚料理を求めて行列のできる賑やかなお店の中は、常にフル稼働。
 
笑顔を忘れてしまいそうなほどの忙しさにもかかわらず、家族やスタッフたちがそれぞれの力を合わせて笑顔を振りまきながら働く姿が眩しい。

国頭港食堂

やんばるの最深部にある国頭村は、まだ見ぬディープな沖縄の魅力がいっぱい。
 
「大将が生まれ育った国頭が私も大好きなんです」と語る妻のはなえさん。
 
そんな国頭の入り口にある国頭港食堂は、おいしい魚料理とあふれる笑顔であなたを迎えてくれる魅力的なお店です。

関連する記事

国頭港食堂

住所 /
沖縄県国頭郡国頭村浜477−1
TEL /
0980-50-1660
営業時間 /
11:30〜14:00
17:30〜20:00
定休日 /
月曜日
Instagram /
https://www.instagram.com/kunigami.minato.syokudo/

monobox(河野哲昌・こずえ)

同じカテゴリーの記事