春先の宜野湾トロピカルビーチ

Reading Material

歴史文化

初回投稿日:2016.03.11
 最終更新日:2024.06.12

春先の宜野湾トロピカルビーチ

沖縄本島・宜野湾市(ぎのわんし)の「ぎのわん海浜公園」。那覇空港から国道58号線を北上、浦添市牧港から左手のバイパスを進むと海浜公園です。スムーズに行けば空港から車で40分ほど。広い園内には、いかにも南国らしい「トロピカルビーチ」というステキな名前のビーチがあります。

てぃーだ(太陽)がギラギラと燃える夏のトロピカルビーチは、BBQを楽しむ地元民で溢れ、とても賑やか。各々のテーブルで、それこそ飲めや歌えやのビーチパーリーが繰り広げられます。今回は、若葉が芽吹く春先のトロピカルビーチの楽しみ方をご紹介♪

宜野湾トロピカルビーチのテーブルエリア
 
夏のビーチパーリーでは家族や仲間で埋め尽くされるテーブルも、春先は誰もがゆったりと腰を掛けることができます。青い海を眺めながらのランチやゆんたく(おしゃべり)、読書も楽しいひとときです。

宜野湾トロピカルビーチ
 
ひなたぼっこを楽しむ地元民、波打ち際で遊ぶ観光客。ぼーっと海を眺めるもよし、波と戯れるもよし。春先のトロピカルビーチは、それぞれが想い思いのスタイルで楽しむのんびりビーチなのです。

潮干狩り
 
満潮は満潮の、干潮は干潮の楽しみ方があるのが海の醍醐味。春先の干潮時は、青い海とアーサ(アオサ)の鮮やかなグリーンが、この時期ならではのコントラストを演出。アーサは、アーサ汁やアーサ入りたまご焼きなど、沖縄の食卓でとても身近な海藻です。そんなアーサを家庭で味わうために摘み採る姿もチラホラ。

アーサとり
 
「アーサは2月が一番緑がキレイですよ。以前は奥武島(おうじま)へアーサ採りに行っていたのですが、最近はこちらに来ています」と那覇からお越しのネーネー(お姉さん)。沖縄本島南部と橋でつながる奥武島は、多くの地元民がアーサ摘みに訪れる場所。どうして奥武島からコチラへ? 「なんと言えばいいかな。奥武島のアーサは細かいんですよね。

ここのアーサは向こうより粗い感じで、洗うのが楽だから(笑)」とネーネー。海で摘んだ天然のアーサは、おうちに持ち帰ったあと、砂などを取り除くために念入りに洗います。この作業は意外と地味にナンギ(難儀)。なので、洗うのが楽な方を選ぶことも頷けます。

アーサ
 
2~3月の沖縄の海で、干潮時にアーサ摘みを楽しまれるのもいいはず。アーサの採り方は、アーサ採りをされているネーネーたちに尋ねてみてください。きっと笑顔で教えてくださいます。その際は、漁業権や養殖場など、アーサを採ってもよい場所なのか、地元の方にご確認くださいね。

潮干狩り

トロピカルビーチ

めぐる季節と潮の満ち引き、沖縄の海はいつでもあなたを待っています。夏の喧騒より一足お先に、春先のトロピカルビーチへ出掛けてみませんか。
 
安積美加

同じカテゴリーの記事