ふんわり、もっちり、皮までおいしい!天然酵母の食パン専門店「天食米果」

Reading Material

食べる

初回投稿日:2015.10.04
 最終更新日:2024.04.23

ふんわり、もっちり、皮までおいしい!天然酵母の食パン専門店「天食米果」 クリップする
お気に入りのパン屋があるというだけで、日々が豊かに幸せになる。パンが食べたいな、というときに思い浮かぶ店があるだけで、ぽっとあたたかい気持ちが胸に満ちていく。おまけにその店が近すぎず、遠すぎず、わざわざ行く距離にあったりすると、その道中までが楽しくて、ドライブしながら鼻歌なんかもするりと出てしまう。

天食米果(あましょくべいか)
 
天食米果(あましょくべいか)は、那覇のおとなり、浦添市(うらそえし)の住宅街にひっそりたたずむパン屋さん。小さな店構えだけれど、とびきりおいしい天然酵母の食パン専門店だ。

天食米果(あましょくべいか)
 
カランコロン。扉を開けると、オレンジ色の灯りのなかでふわりと香ばしく甘い香りに包まれる。すぐ目の前にある小さなショーケースには、山形のアーチを描いたこんがりきつね色の食パンがちょこんと、すまし顔で並んでいる。
 
ふと横を見ると、初めて天食米果に来た友人が目をきらきら輝かせていた。「うんうん、わかる。毎回わたしもそうなるもの」。
 
粉のおいしさを味わえるシンプルなもの、アイシングがくるくるかけられたの、メロンパンのようなクッキー生地をかぶせたの。同じ食パンでも表情はさまざま。高さも大きさも違う食パンが14、15種類も並んでいる。

天食米果(あましょくべいか)の食パン
 
ショーケースは3段あって、1段目はぎゅうとかみしめるほど粉の味わいが広がる食事パン。2段目はクリームやあんこをはさんだ甘いパン。そして一番下がナッツやドライフルーツ入りで甘さ控えめ、そのままでも食事に合わせてもいいパン。
 
全部買いしめたい……なんて、じぃーっと見つめ、どれにしようか頭がぐるぐる回ってしまうのもいつものこと。

天食米果(あましょくべいか)の食パン
 
なかでも、季節限定メニューは見逃せない。ちょうど今は「スイートポテト」と「かぼちゃカスタード」が仲よく肩を並べていた。なんて魅力的なラインナップ。口の中に秋の味覚が広がっていく。
 
天食米果の食パンは、九州産の小麦粉を使い、レーズンで起こした自家製天然酵母でじっくり焼き上げている。ゆっくり発酵させ、時間をかけて旨みを引き出しているので、香り豊かでもちもちとした食感。
 
「うちのパンは皮がおいしいんですよ」とは、パン作りも接客もひとりでこなすオーナーの赤嶺温子(あかみねあつこ)さん。くりくりっとした瞳で、いつも穏やかな笑顔で迎えてくれる。店のあったかーい雰囲気は、温子さんの人柄そのものだ。
 
温子さんはパンの皮が大好き。だから、皮がフルーティーな味わいになるように配合を考え、香ばしい風味を楽しめるように焼き色はしっかりとつける。ここの食パンは、外側までちゃんとおいしく味わえるのだ。

天食米果(あましょくべいか)の食パン
 
そんな温子さんに教えてもらった、おすすめの切り方が十字切り。たいてい半斤を3種類ずつ買うのだが、それを縦と横にナイフを入れて十字に切ってもらう。するとかなり厚みのある4つに切り分けられる。
 
いわく、「口に入れたときに、皮がいっぱい食べられる切り方」なのだそう(さすが皮にこだわりが!)。それにこの切り方だと、厚みがある分、かみごたえがあって、よりパンのふんわり感ともっちり感を楽しめる。くいしんぼうにはもってこいの切り方なのだ。

天食米果(あましょくべいか)の食パン
 
だから、目の前でパンが切られるときにはおのずと手元にクギヅケになる。迷うことなくナイフが動く様子を見つめながら、大きく口をあけてかぶりつく瞬間を想像してしまう。なんならもう、口がもごもご動いているかもしれない。
 
そんな状態からパンを手渡してもらうから、店の扉を開けるときには食べたい気持ちが最高潮。胸に抱えたパンのことで頭がいっぱいだ。このまま運転なんて気もそぞろで余計あぶない。そもそも、おいしい誘惑に勝ったためしなんてないっ。
 
秒殺で白旗をあげ、車の扉を開けて座ると同時に、がさごそ包みをひらき、1切れ持って端からぱくり。みっちりとした密度の中にひそむもちもち感。この味、この食感。十字切り万歳! 
 
かみしめるごとに幸せの味が広がっていく。気づくと、となりで友人がにかにかあきれ顔で笑っていた。だって、このおいしさ、一度知ったら家に帰るまで待ちきれないんだもの。

天食米果(あましょくべいか)の食パン
 

関連する記事

天食米果

住所 /
沖縄県浦添市伊租1丁目9−12
TEL /
08027104627

沖縄CLIP編集部

同じカテゴリーの記事