オヤオキ!2泊3日で走行距離が300kmオーバー!!で反省。

Reading Material

歴史文化

初回投稿日:2014.12.10
 最終更新日:2024.03.27

オヤオキ!2泊3日で走行距離が300kmオーバー!!で反省。 クリップする

 

赤瓦

 

フォトライターの河野です。

我が家は子供3人と犬一匹の家族で暮らしてます。

両親はそれぞれ東京と神奈川に住んでます。

 

里帰りとなると5人分の飛行機代やら

何やら出費がかさむので

両親が来沖してもらった方が安上がりかと

思って打診してみました。

すると、二つ返事でOK。

 

で、いざ両親が来るってなったんですが、

まず、両親が泊まる布団が足らない。

日々の料理とか全部7人分に増える。

沖縄に右も左もわからない両親たちをどうもてなすか、

何処連れて行く? 昼飯とかもどうしよう? 

と、まるでパックツアーを企画する

添乗員のように二人でいろいろ模索しました。

 

しかも最初は夫が仕事で居ない。

妻一人のツアーガイドでどこまでやれるのか?

期待と不安、ドキドキとワクワクが折り重なりつつ

いよいよ両親がやってきました。

 

親子三代で楽しむ沖縄、初めて両親と一緒にまわる沖縄ツアーのコンセプトは

「悠久の沖縄、王道観光スポット&私のオススメスポット紹介な大満足プラン」


 

ということで

沖縄観光スポットの王道、首里城を見学してから

大定番、海洋博公園で美ら海水族館を見学へ

私の好きなステキ☆無人ビーチの古宇利島で

ビーチ(現・ハートロックビーチ)を眺めてちょっと遊んで、

こちらも定番で好きな城跡、世界遺産今帰仁城跡を見学。

 

という、ちょっと書いてても

お腹一杯なメニューを2泊3日で周ってみました。

 

 

父は仕事や社員旅行で来沖歴がありましたが、

母にとっては初の沖縄。やっぱり、首里城と美ら海水族館は欠かせない・・・。

あと、季節外れだけど、一目見て虜になった古宇利島の海もみせてあげたい。


 

移住して間もなかったので場所と時間と移動距離、

よくわからないままにプランを立ててたあの頃。

なんとかなる、はず・・・と

今思えば無謀なプランを実施することになりました。

 

すると、、、

親たちは初めて見る場所に大喜びです。

そして子供たちは久しぶりのじーじで喜び大爆発!

制御不能で大はしゃぎ。

釣られて祖父母もパワー全開で受け答えるから

移動中の車中はみんなグッタリ。

私もグッタリでしたが眠気と闘いながらドライブ&ガイド。

 

気がつけば、2泊3日で走行距離が300kmオーバー!!

 

 

 

両親は大満足で帰っていきました。

そして今回のツアー、何がって、ホント

自分が疲れました。。。

このツアーの後に家に帰ってみんなの御飯作ってとか

いま考えるとゾッとします。

 

そんな最初の親との旅行でわかった教訓は……

 

「いろんな場所に行くとみんな疲れる!(キリッ」

 

ツアーガイドは自分たち。

疲れるだけでなく、みんなが楽しめるような旅はどんなだろう?

ということで次回は「行くポイントを絞ってみよう!」、

と反省&改善を心に誓いました。(つづく)。

 

 

□個人旅行に役立つまめ知識□

 

美ら海水族館などの入館料。県内のコンビニエンスストアで前売割引券を購入すると

入り口で支払うよりも、1枚200円近く抑えられます♪

今回のように大所帯で入ると、塵も積もれば・・・状態なので、大変役立ちます!

 

monobox(河野哲昌・こずえ)

同じカテゴリーの記事