島の恵みをいただく那覇のちいさな食堂、ピパーチキッチン

Reading Material

食べる

初回投稿日:2013.10.27
 最終更新日:2024.03.27

島の恵みをいただく那覇のちいさな食堂、ピパーチキッチン



ふたりでつくったという内装は、木を基本としていてとても暖かみがある。
立て板を白く塗ったカウンターの奥では、オーナーの池城安信さんが、手際良く料理を進めている。
その傍らで、きびきびと動き回るのは妻のマリヤさん。



メニューは焼き魚の定食やハンバーグ、カレーなど、誰にでも親しみのある料理なのに、ハンバーグはおどろくほどふっくらしていたり、カレーはスパイシーな中に複雑な深みを感じさせたり、ピパーチキッチンの「料理」として完成されている。



ピパーチとは八重山諸島で自生する島こしょうのこと。
店名に島の素材を付けるだけあって、メニューの中でも海ぶどうやゴーヤー、もずく、ナーベーラーなど沖縄で採れたたくさんの恵みに出会うことができる。



店内には老若男女を問わず、いつも地元のお客さんで賑わっている。



オシャレだけど背伸びしていなくて、おいしい料理があって、居心地が良い。
ふたりのやさしい人柄がにじみ出ているから、誰でも入りやすくて、また来たくなる。



ここは那覇に佇む、そんな、ちいさな食堂。

 

ピパーチキッチン

住所 /
沖縄県那覇市西2-6-16
電話 /
098-988-4743
営業時間 /
11:00〜15:00(14:30LO)、17:30〜21:00(20:30LO)
火曜日はランチのみ営業
定休日 /
水曜日
Instagram /
https://www.instagram.com/piparchikitchen_info

セソコマサユキ

同じカテゴリーの記事