グラスボートも楽しめる!自然の造形美が魅力の「新原ビーチ」

Reading Material

あそぶ

初回投稿日:2014.08.16
 最終更新日:2024.04.19

グラスボートも楽しめる!自然の造形美が魅力の「新原ビーチ」

沖縄本島南部に位置する新原(みーばる)ビーチは、全長約1kmにわたって白浜が広がる開放感あふれる場所。
浜辺に大きな岩が並ぶダイナミックな景観が魅力の天然ビーチです。

新原ビーチ

(写真提供:みーばるマリンセンター)


新原ビーチ

 

遠浅で波が穏やかなので、小さなお子さんがいるファミリー層にも人気。

 

実はここは沖縄に移住して初めて息子と訪れたビーチ。

まだ少し水を怖がっていた3歳の息子が打ち寄せる優しい波とともに楽しそうに水遊びをしていた光景を思い出します。


新原ビーチ

 

干潮時には岩が砂浜にたたずむような景色になり、かなり沖のほうまで歩いていけるのも特徴。

岩場には大きなカニが隠れていたり、潮だまりに小さな魚を見つけることもできます。

 

ただし、海に入ると足元が悪い場所が多いので、遊泳時にはマリンシューズを忘れずに。

天然ビーチなだけに遊泳区域がないため、クラゲなどにも気をつけて下さいね。


新原ビーチ

(写真提供:みーばるマリンセンター)

 

少し沖に出るだけで魚が多いこのビーチには、海の中を観察できるグラスボートもあります。


新原ビーチ

(写真提供:みーばるマリンセンター)

 

船底がガラスになっていて、水深30mをのぞく海の世界は感動モノ!

色とりどりの魚にあえますよ。


新原ビーチ

 

そのほか、バナナボートやジェットスキーをはじめ、直接、魚にあえるシュノーケルや体験ダイビングなど、マリンメニューも豊富。

 

潮風を感じながらバーベキューも楽しめます(要予約)。


新原ビーチの食堂かりか

 

浜辺には、以前、本サイトでも紹介した食堂かりかが。

 

新原ビーチ

 

このビーチは、長い海岸に沿って細い道路が通っていて、そこから海へ抜ける小道がいくつもあります。

どれも景色が違い、風情があるのでその道を探すのも楽しいですよ。


新原ビーチ

 

地元に愛され、どこかのんびりとした空気が流れる新原ビーチ。

波に打ち上げられたサンゴを拾いながら長くのびる浜辺を散歩するもよし。

波や魚とたわむれるもよし。

 

南部を訪れた時には足を運んでみて下さいね。

 

関連する記事

新原(みーばる)ビーチ

住所 /
沖縄県南城市玉城字百名1599-6

沖縄CLIP編集部

同じカテゴリーの記事