沖縄観光情報:慶良間(けらま)諸島屈指のプチリゾート『ケラマテラス』in 渡嘉敷島(とかしきじま)

慶良間(けらま)諸島屈指のプチリゾート『ケラマテラス』in 渡嘉敷島(とかしきじま)

  • 泊まる

初回投稿日:2022年06月12日
 最終更新日:2024年01月08日

慶良間(けらま)諸島屈指のプチリゾート『ケラマテラス』in 渡嘉敷島(とかしきじま)

那覇市の泊(とまり)港から高速船でわずか30分強。

慶良間(けらま)諸島最大の島「渡嘉敷島(とかしきじま)」と言えば、沖縄CLIPでももうおなじみ。

マリンアクティビティに秘密のビーチなどなど、関連ネタはいくつもリリースして来ましたが、意外なことに宿泊施設はこれまで、0…。

そこで今回は、とっておきのステイスポットをご紹介します。
 
阿波連ビーチ
 
渡嘉敷島南部、阿波連(あはれん)集落に位置する『ケラマテラス』は、2008年オープンのプチリゾート。
 
阿波連(あはれん)集落に位置する『ケラマテラス』
 
何といっても、まず驚くのは、1Fのフロント。

バリ辺りの高級ホテルを彷彿させる格式、セレブ感漂うラグジュアリーな雰囲気は、離島の施設とは思えない程に完成された世界観。

インテリアから調度品まで、南国リゾートの上質テイストで、抜かり無く統一されています。
 
1Fのフロント
 
その奥には、ダイニングバー『abisso(アビッソ)』が控えます。

何と言っても注目は、豪華ディナー。

東京の高級ホテル等で腕を磨いてきた料理長自慢のフルコースは、沖縄県産はもちろん、

出来る限り慶良間諸島、そして地元・渡嘉敷島で取れた海の幸&山の幸をふんだんに用いた絶品創作料理。

ワインセラーに控える各種上質ワインと一緒にいただきましょう。
 
ダイニングバー『abisso(アビッソ)』
 
料理
料理画像提供/ケラマテラス
 
また、1Fには、女性に嬉しいエステルームの他、個室スパも完備。

沖縄素材を用いたコスメも充実しています。
 
エステルーム
 
豪華絢爛なディナーとは趣を変え、“身体に優しい”をコンセプトとした朝食は、

青々とした芝生が眩しいテラスでもいただけます。
 
芝生が眩しいテラス
 
客室は全8室。一番人気はもちろん使い勝手の良いスタンダードルーム(写真)。

他にも、遊び心溢れるロフトルームも見逃せません。
 
客室
客室画像提供/ケラマテラス
 
また、マリンショップも併設。ダイビング、シュノーケリングなど、
急なリクエストでも大丈夫。同系列店に付き、煩わしい手続き無しに、誰でも簡単にトライできます。
 
オーナーはなんと今年36歳の若手! 

笑顔も爽やかな国吉 栄治(くによし えいじ)さんは、もちろん地元出身です。

長年ダイビングインストラクターをこなす他、

現在は地域をもっと盛り上げん!と渡嘉敷村の商工会でも幹部として活躍。

島と本島を週に何度も行き来するなど、二足三足の草鞋で、日々大忙しです。
 
オーナー国吉 栄治(くによし えいじ)さん
 
そしてやはり、一番の魅力は、そのロケーション。

世界最高クラスの透明度で知られる“慶良間ブルー”の美ら海は、目と鼻の先。

慶良間諸島内でも一・二を争う人気の『阿波連ビーチ』(トップ画像)も徒歩圏内です。

気が向いたら、すっと海に行けるお手軽さが何より嬉しいですね。
 
夕暮れ時は、地元スタッフしか知らない、とっておきの夕陽スポットも教えてもらいましょう。

誰にも邪魔されない、離島ならではの極上チルアウト…。

ワンランク上にこだわる大人のトラベラーは、やみつき確実です。
 
夕暮れ時
 

ケラマテラス

サイト /
https://keramaterrace.jp/
住所 /
沖縄県渡嘉敷村阿波連103
電話 /
098-987-3477

小川 研(Qey Word)

~ もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP ~