沖縄県内最大のウォーキングイベント!第13回てだこウォーク2014

Reading Material

歴史文化

初回投稿日:2014.02.12
 最終更新日:2024.05.27

沖縄県内最大のウォーキングイベント!第13回てだこウォーク2014

この記事は、昨年開催された「てだこウォーク」のイベントレポートです。今年は2017年2月4日(土) ~ 5日(日)に開催されます。詳しくは、主催者のWebサイト等をご確認ください。
 


2014年2月1日、2日に、県内最大のウォーキング大会「てだこウォーク」が開催されました。

初日は、天候にも恵まれ、冬と言うのが嘘のようにポカポカ陽気のウォーキング日和。

あいにく2日目の天気はくずれてしまいましたが、

雨にも負けず! 朝早くからウォーカー達がニコニコと元気よく集まってきました。

 

今回の参加者は7,628名!

この日の為に、県外から来たひとも多数参加していました。

てだこウォークの魅力は、世界遺産や、パワースポット、

沖縄を彩る色とりどりの草花や自然や文化に触れながら、

ゆっくりと歩き、汗を流し、誰でも気軽に楽しめるところだと思います。

 

てだこウォーク参加者

 

見どころは、丁度満開だった日本一早い桜が「ヒカンザクラ」や、

冬に咲く大きなヒマワリなど、一年中花が咲いている沖縄ならではの独特な季節感。

 

ヒカンザクラ

 

コースのところどころでみられる草や、花、木、岩にさえ

沖縄らしさを見つけ、感じる事ができます。

 

コースのところどころでみられる草や、花、木、岩

 

街の中では地域の方の、応援や、おもてなし。給水用の水やお菓子をくばったり

 

給水用の水やお菓子

 

踊りに、音楽で参加者を応援してくれます。

この地域は、沖縄の獅子舞で参加者を歓迎してくれました。

 

沖縄の獅子舞

 

参加者には、県外の方も多く、地元の方とふれあい交流できるのもこの大会の魅力。

会場に戻ると、ゴールした参加者をもてなすのは、LIVEに大道芸などのパフォーマンス。


地元の方とふれあい交流

 

参加者には無料で食事に、音楽と、これでもかと言うくらいおもてなしが盛りだくさん。

1日目が終了すると「ウォーカー歓迎の集い」という交流の場もあります。

 

青い海に青い空、沖縄の文化や、歴史以外にも、この島独特の空気感が味わえるので、

家族やカップルでお一人様でも、是非、参加して欲しいイベントです。

 

ウォーカー歓迎の集い

 

毎年県外から参加されている強者もチラホラ。

一度参加すれば、みんな沖縄の魅力にはまってしまうそうです。

普段運動不足なお父さん、お母さん、

お子様をつれて参加してみてはいかがですか?

 

エイサー

 

車や、モノレールで回る沖縄もいいですが、

自分の足で沖縄の大地を踏みしめながら歩くのも、

普段気づかない沖縄に出会えるチャンス。

「沖縄を歩く」やっぱりそれが沖縄を知って楽しむ一番の方法だと思います。


てだこウォーク2014

 

第21回うらそえ てだこウォーク2024 ※2024年は下記日程で行われました。

メイン会場 /
浦添カルチャーパーク内 てだこ広場
日程 /
2024年2月17日(土)
Webサイト /
https://www.city.urasoe.lg.jp/article?articleId=650d3676e1ffac0826a4e0e2

沖縄CLIP編集部

同じカテゴリーの記事