第21回読谷やちむん市開催!沖縄のやちむんがもっと好きになるイベント

Reading Material

歴史文化

初回投稿日:2014.02.22
 最終更新日:2024.05.27

第21回読谷やちむん市開催!沖縄のやちむんがもっと好きになるイベント

読谷やちむん市

 

やちむん(焼き物/陶器)で有名な読谷村(よみたんそん)で

毎年催される“読谷やちむん市”は沖縄で開催される陶器市のなかでも盛大で、

今年は読谷に工房を構える29の窯元が集結します。

 

やちむんの里に工房を構える窯元をはじめ村内に工房を構える若い作り手たちも出店するため、

伝統的なものから新しい要素を取り入れたエネルギッシュなものまで様々なやちむんに出会えます。


常秀工房


伝統的な絵柄のやちむん

 

大窯元の常秀陶器工房、島袋常秀さんを始め、

沖縄らしく色鮮やかで、伝統的な絵柄のやちむんにも多く出会えます。


柄溝康助さんのやちむん

 

先日の記事でも人気だった工房 十鶴、柄溝康助さんのやちむんは大人気。

取材中だというのに思わず並んで購入してしまいました笑

人気のコーヒー豆柄の器を始め、かわいらしい器がズラリと並んでいましたよ!


大賑わいのやちむん市

 

久々に青空が広がり天気に恵まれたおかげもあって

朝1番から多くの方で予想以上の大賑わいのやちむん市。

取材で作家さんにお話が聞けないほどの大盛況!!!

 

と言うことで、私のお友達、

志陶房の長浜太志さんに無理言って写真に写ってもらいました。


志陶房の長浜太志さん


新しいデザインなどを取り入れた器

 

志陶房の長浜太志さんは読谷村の若手の陶芸家の中でも、

沖縄のやちむん手法、沖縄の素材を大切にしつつ

現代にも受け入れられる新しいデザインなどを取り入れた器が支持されています!


読谷で活躍する多くの窯元のやちむん

 

読谷やちむん市は、読谷で活躍する多くの窯元のやちむんが購入できる上に、

とてもおトクな価格で販売されているので、気に入った器を見つけたら即決で

ゲットすることをオススメします。人気の器は本当にすぐなくなってしまいます~。

 

出店する陶芸家の参加でチャリティーオークションも開催。

オークションの収益金は読谷村の福祉事業に寄付されます。

普段購入できない作品が多く出店されるため、こちらもみどころ!

 

やちむん市の最大の魅力は直接、陶芸家に会えること♪

作り手が心を込めて作ったやちむんを直接購入できるっていいですよね。

ぜひ陶芸家と直接お話しながら、

お気に入りのやちむんみつけにきてください~♪


作り手が心を込めて作ったやちむん

 

毎年、読谷やちむん市へ来るために

沖縄旅行へ来られる方も多くいるそうです♪

読谷村は、やちむん以外にもキレイな海、のどかな景色、

世界遺産の座喜味城跡やおしゃれなCAFÉなど

多くの観光スポットがあって、観光客にも人気のスポット。

 

なんてったって“日本一人口の多い村”になりましたからね!

読谷村!いま注目の村ですよ!

やちむん市と合わせて、ぜひ読谷村巡りを楽しんでください。

 

第31回読谷やちむん市 ※2024年は下記日程で行われました。

場所 /
沖縄県読谷村JAファーマーズマーケットゆんた市広場
日程 /
2024年2月24日(土)~2月25日(日)
時間 /
10:00~17:00(両日)
問い合わせ /
098-958-1020(読谷やちむん市実行委員会事務局)

沖縄CLIP編集部

同じカテゴリーの記事