沖縄観光情報:宮古島の旬を創作料理で味わえる「旬菜炙り家 け.い.和」

宮古島の旬を創作料理で味わえる「旬菜炙り家 け.い.和」

  • 味わう

初回投稿日:2023年12月05日
 最終更新日:2023年12月05日

宮古島の旬を創作料理で味わえる「旬菜炙り家 け.い.和」

宮古島の旬の魅力を堪能する

旬菜炙り家 け.い.和の外観
 
宮古島市の中心街から少し外れた住宅街に位置する、木目調の看板と提灯の灯りが印象的な「旬菜炙り家 け.い.和」。2022年10月にオープンし、宮古島の新鮮な食材を使用した創作料理や沖縄の伝統料理、串焼きなど、その日の仕入れに合わせた幅広いメニューが人気です。
 

「美味しい」が最高の褒め言葉

「け.い.和」の店主池間さんとその家族
 
「け.い.和」は宮古島出身の店主である池間祐輔さんとその家族で営むお店です。
 
高校生の頃に自分で料理をする楽しさを発見し、料理を通じて人々を幸せにすることを夢見て、自分のお店を持ちたいと考えるようになった池間さん。その後、沖縄本島の調理師専門学校で基礎を学び、串焼きから始まり、山羊料理や創作和食まで、18年間かけて幅広い料理を習得しました。
 
宮古島の食材を活用し、お客様に喜ばれる料理を提供することで「美味しい」という言葉を聞くことが何よりも嬉しい褒め言葉だと語ります。
 

食材の時期に合わせて変化するメニュー

「け.い.和」の料理メニュー
 
お店では宮古島の旬を食材で楽しんでいただきたいという思いから、メニューが少しずつ変化します。宮古島の食材の旬は、沖縄本島よりも早いことが多く、1月から収穫が始まる野菜などもあります。そのため、お客様に最高の食材を提供するために、時期に合わせてメニューを調整しています。
 

宮古島泡盛で育てた「ほろよい牛」

おすすめメニューの宮古島泡盛ほろよい牛のステーキ
 
通年で楽しめるおすすめの一品は「宮古島泡盛ほろよい牛のステーキ」です。
 
新たな宮古牛としてひそかに注目を集めている「ほろよい牛」は、宮古島産泡盛粕で育てた経産牛のこと。長期間飼育することで肉の味が濃く、旨味が強いのが特徴で、噛むほど味わいを感じることができます。
 

多彩なメニューにあるこだわり

け.い.和の串盛り合わせ
 
串物盛り合わせも人気で、お客様からのリピートオーダーが多いメニューです。池間さん自身が焼きを担当し、その日の気温に合わせて焼き加減に気を配ります。塩の加減にもこだわり、お酒との相性も抜群です。
 
け.い.和のスーチカー

け.い.和の多彩なメニュー
 
そのほかにも、沖縄の郷土料理であるスーチカーや手作りのジーマミー豆腐、明太チーズフライや多彩なメニューが揃っています。

け.い.和のレアチーズケーキ
 
女性に人気のレアチーズケーキもこだわりの手作り。好き嫌いのある人でも、メニューのなかに1つは好きなものが見つかると言います。
 

ゆっくりとした温かな雰囲気を心がける

け.い.和の店内
 
料理と同様に気を配っているのは店内の雰囲気です。「け.い.和」という店名は池間さんのお爺ちゃんの名前に由来しており、おじいちゃんの家で集まり、楽しむ温かい雰囲気にしたいという池間さんの思いが込められています。
 
お客様のくつろげる空間を考え、工夫された店内は木目調の内装に、暖色の照明、広々とした座敷席やテーブル席など、さまざまな要素が調和し、温かな雰囲気を醸し出しています。
 
け.い.和のお客さん
 
「また来たいって思ってくれたら最高!」と話す池間さんの思いのつまったアットホームな「旬菜炙り家 け.い.和」、宮古島に来た際にはぜひ立ち寄ってください。
 

旬菜炙り家 け.い.和

住所 /
宮古島市平良字東仲宗根822-5 1F
営業時間 /
18:00〜23:00
TEL /
0980-79-9499
定休日 /
日曜、月曜
※月曜が祝日の場合は日曜営業
Webサイト /
https://www.instagram.com/keiwa_2022/

宮国哲司/フォトライター

~ もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP ~